ハンターハンター

ハンターハンターで見るマーケティング

 

ハンターハンターで見るマーケティング

 

 

ハンターハンターの技は 
色々とマーケティングに 
応用できるものばかりです。

 

 

まずは クラピカの 
ジャッジメントチェーン  マーケティング 

 

 

 

これは  1to1メールマーケティングに 似てるところがあります。 

 

 

 

特定の相手  ターゲッティングを決めて 
そこだけに メールなどをしていく。 

 

 

例えば あなたの商品をかわりに売ります。 とかの 
交渉をしていく   相手にとって 
魅力的なオファーをだして  相手になげかける。 

 

 

 

特徴としては ターゲットをきめて
 一人ずつ相手に 交渉をしたりするので 
多くの人にやるのは  大変である。 

 

 

 

 

ギャラリーフェイク
次は 
ギャラリーフェイク マーケティング 
コルトピの
ギャラリーフェイクは  触れたものをコピーしますが 

 

ネットビジネスであれば 
自分を簡単にコピーできるわけです。 

 

 

いわば  分身ですよね 
代表的なものでいえば  動画やレポートです。

 

 

動画は いくら作ってもいいし 

 

ほぼ永遠に使えますからね 
24時間で消滅もしないです。 

 

 

 

ある程度  動画を作ったら 
まとめて  有料で 販売したり 

 

 

特典に使えるように 
再販権を つけたり   動画だけでも 
色々できます。 

 

 

セミナーをやってる人もほとんど それを動画にしてくばってますよね
自分の分身を増やしていきましょう。

 

 

 

 

 

ドラゴンダイブ
今度は 
ゼノのドラゴンダイブ マーケティング。 

 

 

これは  ジャッジメントチェーンとは
マ逆のマーケティングである。 

 

 

かなりの広範囲に及ぼす マーケティングで
属性などを絞る必要がなく

 

やれば  何かしらのヒットをする  
数で攻める手法なので
本来は資本力のある大企業向けのマーケティングである。

 

 

 

色んなところに 広告を出したり
SNSやサイトでも  どんどんPRしていく。

 

最初は あまりお金をかけないで 
反応がとれたり  フィードバックが 
あるところが 出てきたら 
今度はそこにめがけて  ドラゴンダイブを仕向ける。 

 

 大量の広告をかけて 一気にとる。 

 

 

ともかく  使えるものは  全部使っていく 手法である。

 

 

ただし 関係のない人も 巻き込んでしまう可能性がある。 
ハンターハンターでは  コムギが犠牲になってしまった。

 

 

また  当てるのではなく  誘導するのにも使える。
むしろ 誘導するのに使った方がいいかも知れませんね。

 

 

 

技以外
今度は 技ではなく 
グリードアイランド で見るマーケティング。 

 

 

これが ある意味 最強の 
マーケティングといってもいい 
グリードマーケティングである。 

 

 

わかりやすく言えば 
ディズニーランドと同じ手法である。 

 

 

ディズニーランドでは 
入場料をもらって  あとは  その中の 
テーマパークで遊んだり 買い物をしたりする。 

 

そのときに みんな  お金を払ってるわけですよ。 

 

 

人は 楽しんでいるときとかは   簡単にお金を払うのです。 

 

 

 

そして  楽しければ  またきたくなり 
リピート率が 上がる。 

 

 

 

まさに最強のマーケティング
なので
一番いいのは  
勉強になって 楽しめるサイトなどを作ることである。

 

 

ヒカキンさんみたいに  面白い動画を作るのもいいだろう。 

 

 

 

 

できれば 
エンターテインメント性をだした方が 
長期的に 安定的に  稼げるものなのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

広告


 
成功マインドイノベーションブログ 無料プレゼントはこちら ヤフオク アニメレビューブログ ツイッター